アメリカ男子ツアーのプレーオフシリーズは第3戦のBMWチャンピンシップです。
この試合からは予選落ちがなく最終戦の出場枠上位30名を争う大会となりますが、すでにフェデックスポイントで
上位に位置する選手は年間王者を意識しての試合ともなってきます。
フェデックスカップ年間王者の優勝賞金は1,000万ドル(約8億円)ということからも、このプレーオフシリーズがいかに
ゴルフ界で大きなイベントであるのかが分かります。

さてBMWチャンピンシップの初日はバーディー合戦でトップには-8でR.マキロイ、W.シンンプソンなど4人がならび
2位以下も混戦模様です。初日オーバーパーだった選手はわずか10人というハイレベルな戦いです。
雨の影響でグリーンが止まり、プリファードライとはいえさすが世界トップレベルの選手が集まる試合ですね。
明日以降も楽しみです。

それにしても、このゴルフ界のビックイベントに日本選手が一人も出ていないのはホント寂しいですね。